セキュリティ

パソコンのOSはwindowsを利用している人は多いですよね、別の会社のOSを利用している方もいるでしょうが、現在では企業や官公庁、一般家庭を含めてwindowsを利用しているところが大勢なのではないでしょうか。 windowsの新しいOSが発売される度に大きくメディアが取り上げるので新製品が発売される度に必ず耳にしますよね。 そして厄介なのが古いOSのサポート期限が切れてしまったときです。 当然、今まで通りのサポートが受けられなくなってしまうので、今後発生するであろう様々な危険から無防備になってしまいます。 セキュリティソフトである程度は備えることができますが、やはり万全とはいえません。 そのような事態になってしまったらウイルスに感染してwindowsが起動しないなんて状態になってしまう可能性があるので気をつけましょう。

windowsが起動しないという状態になってしまった場合はウイルスなら最悪ハードディスクを交換する、もしくはCPU自体が故障して起動しない状態になってしまった場合は処分するか、新しく買い換えるかを選択しなければなりません。 windowsを搭載したパソコンやノートパソコンが起動しなくなってしまった場合は専門の修理業者に修理を依頼することによって問題を解決することができます。 個人では失敗してしまうような危険性がある交換作業なども専門の知識を持ったスタッフが修理を行ってくれるのでまず失敗することはありませんし、システムトラブルも専門の知識を持ったスタッフが復旧を行ってくれるので、システム異常でwindowsが起動しない場合も大丈夫です。